ワックスがけ

木の階段

床の張替えを行わず、フローリングを長持ちさせるための手入れについてもいろいろあります。 普段からこまめな掃除はしておいて、年に一度で良いのでワックスがけを行いましょう。ワックスをかける前の注意としては、いつも以上に念入りに掃除をしてからでないとムラの原因になったりします。家具なども撤去した状態が好ましいです。 選ぶワックスの種類としては、水性樹脂タイプが塗りやすいです。塗った後にから拭きをする必要もなく、扱いは比較的簡単です。

注意すること

オシャレな壁と床

キズ以外にも、フローリングに起きるトラブルはあります。 クレヨンやマジックなどのインクや調味料などで床が汚れてしまった場合は、布にアルコール洗剤を含ませ拭き取ります。それでも落ちない場合は紙やすりなどで汚れた部分を削ってから、クレヨンタイプの補修剤などでキズを隠します。 タバコの灰や毛染剤には注意しましょう。これらの汚れは一度つくと簡単には落ちません。ペットの排泄物などもシミなどの原因になります。フローリングを守るためには、マットなどを敷いておき Read More

キズの修繕

張替工事用道具

張替えまではいかなくともキズなどの問題が目立つ場合は多くあります。床を張替えするまでもないが修繕したいという場合の簡単な修繕方法を紹介します。 ■小さなキズ一番多いキズなこの小さなひっかきキズだと思います。小さなひっかきキズやこすりキズ程度であれば、ホームセンターなどで販売されているクレヨンタイプなどの補修剤ですぐに隠せます。フローリングより少し濃い目の色を選ぶのが、キズを目立たせなくするコツとなります。ドライヤーなどでキズのある場所を温めてから Read More

木の種類

洋室

フローリング材に使用されている木の種類には大きく分けて2つになります。柔らかい針葉樹系と硬い広葉樹系に分かれます。 柔らかい針葉樹系にはスギ、ヒノキ、パインなどがあります。柔らかい木を使用するメリットとしては、肌触りの良さとキズが付きやすくても修繕しやすいといったところです。 硬い広葉樹系には、ナラ・オーク、カリン、ブナ、カバなどがあります。この広葉樹系の硬さは合板フローリングに最適で、一般的に多く使用されています。硬い素材ということで、キズが付 Read More

close